クレイ洗顔と泡洗顔はどう違う?

泡洗顔とは一般的に洗顔料を十分によく泡立ててお顔を洗う洗顔方法として知られています。

このとき汚れを落とす役割として作用するのが界面活性剤です。

一方、豊富な泡の洗顔と違い、クレイ洗顔に用いられるクレイは粘土です。

クレイの特徴はミネラル成分が豊富な粘土や泥の成分から作られます。

もともとクレイはとても細かい粒子をしておりその細かい粒子がお肌の汚れや不要な不純物をしっかりとキャッチしてくれる吸着性質の作用により汚れを落としていきます。

そのため 毛穴に詰まってしまった皮脂汚れや古い角質をしっかりと洗浄する力に優れています。

汚れを落とす際に働く作用がこれら2つの洗顔料の違いです。

また洗浄力にも違いが見受けられます。

泡洗顔に比べクレイ洗顔のほうが洗浄力に優れ毛穴の汚れ対策に有効だという意見も個人差はありますが多数あります。

そうなるとクレイ洗顔は汚れを落とす分洗浄力が強くお肌が乾燥するのではないかという疑問が浮かびますが、その点についても泡洗顔とクレイ洗顔の違いがわかります。

泡洗顔は豊富な泡をつくるためにしばし多くの化学成分が用いられることも少なくありません。

このため必要以上に皮脂を取り除いてしまう洗浄力の強さがあり、乾燥肌や敏感肌に影響を与えてしまう可能性をもちます。

クレイ洗顔は界面活性剤を使用していないので汚れを落とす力に優れていますが、お肌にも優しく作用します。

洗い上がりがしっとりすると実感できる洗顔料という声も多く、お肌に優しいとも言えます。

またクレイ洗顔は洗顔だけでなくクレイ自身をパックとしても使用することができます。

抗炎症作用ももつので傷んだお肌を癒してくれます。

お肌のタイプによりクレイ洗顔や泡洗顔を使いわけることでその2つの良さを実感することができます。

季節の変わり目やお肌が不安定な時期はクレイに切り替えるなど洗顔の違いを知り、賢く使っていくことがおすすです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です