産後高血圧になってしまったら?

妊娠中に高血圧になってしまっても、普通は産後は落ち着いて、元の血圧に戻ります。

しかし、中には産後12週を過ぎても、なかなか高血圧が治らない方がいます。

産後高血圧と呼ばれる症状です。

産後高血圧のはっきりとした原因はわかっていませんが、元々潜在的に高血圧の前段階や慢性腎炎があり妊娠をきっかけとして発症した、ということが考えられています。

高血圧の治療の基本は、生活の改善です。

食生活だけではなく、生活リズム全体を整えること無理をしないこと、などが求められます。

これは、産後、赤ちゃんの世話に追われるお母さんにとってとても難しいことかも知れません。

規則正しい生活リズムや、十分な睡眠時間の確保、熟睡などとてもじゃないけど無理だわ、という方がほとんどでしょう。

ただ、ここで無理を重ねてしまうと、のちのち高血圧が慢性的なものになってしまったり、症状が進んで悪化したりする可能性が高くなりますし、次に妊娠した時に、より深刻な妊娠高血圧症を引き起こすことにもなります。

ですから、自分は病気である、ということを自覚して素直に家族に協力をお願いして助けてもらいましょう。

長期的な目で考えて、最も大切なことは母親であるご自分の健康を取り戻すことです。

内科を受診して、医師の指導を良く守り産後高血圧の状態からの回復を目指して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です