首イボの対策は“保湿”が要!

気づかないうちにできているのが首イボですが、このイボの原因は様々なものがあります。

ウィルスによってできるものや、腫瘍によるものなどが挙げれます。首イボは腫瘍が原因であることが多いとされています。腫瘍と言っても良性のため健康に影響はないと考えられます。

首イボは加齢や紫外線、摩擦などによって肌にダメージを受けることによって老化が進むことによって引き起こされます。老化すると細胞が過剰に増殖して肌を盛り上げたり、古い角質などが固まったりすることでイボができてしまいます。

これは若い頃なら肌のターンオーバーによって改善することができてしましたが、年齢を重ねることでその機能が落ちることによってイボも増えていきます。

そんな加齢によってできる首イボの対策としては、保湿が重要となります。

対策に使われる除去用のクリーム「艶つや習慣」などでも保湿成分が豊富に含まれています。

近年では、アプリコットカーネルオイルなども対策としては人気となっています。あんずの種の中心にある杏仁から油分を抽出したオイルで、塗ることによって乾燥した肌に潤いを与える作用が期待することができます。

ただし、重要なのは保湿することによって肌のターンオーバーをさせることがイボに対して効果を発揮する理由です。

肌のターンオーバーを整えるためには、規則正しい生活やバランスの良い食事などを行うことによって改善することにつながります。

また、イボの種類によっては効果がないこともあるため、その場合には病院での治療がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です